こども英語

 

高まる英語の必要性

 近年入試で、TOEICやTOEFLのテストを導入する大学も増えてきています。文科省も、2021年度からの新通テストに向けて、現行の「読む、聞く」に偏った試験を改め、「英語をバランスよく評価する」方針を打ち出しました。今、小学生以下のお子さんをお持ちのご家庭は、変革期にある教育現場の中で、を見据えた準備が必要とされています。

日経新聞:大学入試の新共通テスト、英語にTOEFL活用も


英語の4技能を身につける

 昨今の教育改革の中で、知識だけではない総合的な理解力や表現力が求められています。

 子供が楽しみながら4つの力を伸ばすことができます。

 ネイティブの音声を聞いて発音し、発音した単語をくり返し書いて覚えます。覚えた単語を使って英文を読み、読んだ内容を理解しているか、英語で質問に答えて確認します。

 子供が自分のペースで学習できるので、つまずくことなく進められます。先生が一人ひとりの理解度をチェックし、最後にテストを行います。

英検取得を目指す

 今年から、高校入試において英検取得による加点の制度が導入されます。英検3級で5点、準2級で10点、2級で15点の加点が入試の結果にプラスされます。                             高校入試において英検取得は、絶対条件となります。そのため、早期の対策が必要になります。ダーウィンの子ども英語では、英検4級の取得を小学校卒業までに目指します!